地域コミュニケーション支援サービスRegional communication support service

地域コミュニケーション支援サービス。地域全体で高齢者を支える仕組み

タブレットなどを活用した高齢者見守りソリューション。一人暮らしの高齢者が、生活サイクルに合わせて自発的に利用していただく仕組みです。高齢者の異変を察知し、地域社会全体で日常的な支え合いを実現することができます。

Characteristicサービスの特徴

利用者側の利点

生活サイクルに合わせ、タブレット画面上のボタンをタッチするだけ、という容易な操作性。
2018年現在、最高齢98歳の方も毎日操作していただいています。
遠方に住むご家族の方も、状況が把握できますので安心できます。

見守り事業者側の利点

高齢者の生活状況から異変を推認できます。
高齢者へ対し、地域のお知らせ情報を発信できるなど、地域で官民連携による高齢者見守りを実現できます。

導入効果

孤独死防止、孤独死早期発見、初期段階の認知症発見、体調不良等異変の早期発見、ひきこもりの予防

Use Case導入事例・実績

倶知安町役場、登別市社会福祉協議会、株式会社不動産事務所ネット、株式会社ハイサポート

お見積もりは無料、
まずはご相談ください!

福祉ソリューション 自治体向けソリューション